Original

インドは11月にお正月を祝う?!ディーワーリーってどんなお祭り?【海外インターン体験記】【連載4】【インド】慶應義塾大学 長岡里奈

 

こんにちは。2015年の夏にインドでインターンシップをしていた、インド大好き大学生の長岡です。本日は、インドのお正月であるお祭り『ディーワーリー』についてお伝えしたえします!

 

別名「光のフェスティバル」!ディーワーリーとはなんぞや?

ディーワーリーとは、ヒンドゥー教の新年のお祝いです。西暦10月末から11月初め、インド暦の第七番目の月の初めの日に開催されます。今年2015年は11月11日から、ヒンドゥー教の女神ラクシュミーをお祝いします。 お祭りは全部で5日間に渡ります。

インド中が光に包まれる夜!

何百万もの光。小さなろうそくや色とりどりのランタン、そして巨大なイルミネーションが、町中を灯し、ラクシュミーへと捧げられます。
その光景は非常に美しく、6月のホーリー祭、9月のダシャラー祭と並んでインド三大祭りと呼ばれています。

祭りの間は◯◯が売れる!?

ディーワーリー中は、家を掃除し、服を新調し、家族や友人とプレゼントを交換します。また、家に友人を招待し、お気に入りの料理を振舞ったり、床に施されたカラフルな砂絵「ランゴリ」を鑑賞したりします。
買い物は縁起が良いとされるので、インドではこの時期に自動車や家電のような耐久消費財の売り上げが伸びるのだとか。

11月にインドを訪れて、色とりどりの暖かい灯に包まれてみてはいかがでしょうか。
ただし、この時期は会社や学校、郵便局などの公共機関は閉まっているので、ご注意を!

長岡里奈

長岡里奈

度慶應義塾大学 総合政策学部。大学2年の夏休みにインドでのインターンに参加。その後、大学4年を休学し、再度5ヶ月間インドへ渡航。スラムに石鹸を広めるために、石鹸をリサイクルする事業を立ち上げ。

カテゴリ

タグ

この内容で送信します。よろしいですか?