Original

カレーだけじゃない!インドのおすすめ料理たち【海外インターン体験記】【連載5】【インド】慶應義塾大学 長岡里奈

ナマステ!(ヒンディー語)ノモスカ!(オリッサ語)こんにちは!インドでインターン中の長岡です。

みなさん、「インドの食事なんて、カレーとナンだけだろう」と思っていませんか?

わたしもインドに行く前は、食事はカレーばっかりと聞いており、毎食カレーに耐える覚悟をしていました。しかし、実際に来てみると、カレー以外にも美味しいインド料理がたくさんありました。

今回は私のお気に入りのインド料理をいくつか紹介したいと思います。

【1】マサラとチャパティ

こちら定番のカレーとチャパティです。

写真は米を使ったカレーです。インド東部では米とチャパティが両方食べられていますが、インド西部ではチャパティが多く米はあまりないのだそうです。私は東部のオリッサ州にいるので、お米もチャパティも食べています。

インドではカレーをカレーとは呼ばず、マサラと呼んでいます。
一度の食事にいろんなマサラがでてきます。

【2】アルパラタ(ポテトパラタ)

アルパラタとは、じゃがいもを練って油で揚げたものです。シンプルですが美味しいです。

プレーンで、おかずを巻いて、ケチャップやラッシーソース(ヨーグルトベースのソース)をかけて、など、様々な食べ方があり、飽きません。よく朝ごはんに食べています。

 

【3】プーハー

プーハーとは、チャーハンのように見えますが、潰した米と野菜を炒めたものです。

残念ながらこれだけたべても味が薄くて美味しくありません。でも、奥にある器に入った豆のスープをかけると、スパイシーで美味しくいただけます。

【4】パニプリ

こちら道端のいたるところにある屋台で売っています。

鶏の卵くらいの大きさの、中が空洞になった薄いチップスを割って中に具材を入れ、その中に更に辛いスープを入れて作ります。5つセット売りです。

葉っぱで作られた入れ物を手に持って待機すると、おじさんが、わんこそばさながら次々と葉っぱにパニプリを入れてきます。

現地の人たちはパニプリが大好きで、知らない人同士でも横に並んでパニプリを楽しんでいます。
その姿は一気食い大会のようで、見ていても楽しいです。

道で売っているものなので、衛生状態あまりよくないと言われ、外国人にはオススメされていませんが、私は食べても問題ありませんでした。

【5】番外編のスパイス入りコーラ

こちらは、コーラにスパイスを混ぜたものです。はっきりいって、全くおいしくありません。

しかしインドには様々な料理にスパイスを入れる習慣があり、その一つとして現地では親しまれているコーラの飲み方です。

 

いかがでしたか?

海外インターンでは、仕事だけでなく、食事のような日常生活の中にたくさんの発見があります。その一部でもみなさんにお伝えして、楽しんでいただけたら幸いです。

(インド ブバネスワール発:慶應義塾大学2年 長岡里奈)
※この記事は2015年8月25日に執筆されました

長岡里奈

長岡里奈

度慶應義塾大学 総合政策学部。大学2年の夏休みにインドでのインターンに参加。その後、大学4年を休学し、再度5ヶ月間インドへ渡航。スラムに石鹸を広めるために、石鹸をリサイクルする事業を立ち上げ。

カテゴリ

タグ

この内容で送信します。よろしいですか?