Original

【連載】SOGI都条例で、”真の”社会課題解決を LGBTを含むすべての人が生きやすい社会の実現を目指す海外インターンシッププログラム”DIVER”

こんにちは。アイセック・ジャパン東京大学委員会の三登裕子です。

私は、自分の恋愛対象が男性であったり女性であったりしていて、将来結婚はしたいけれど子供は欲しくなく、社会で頑張って働きたいけれど「東京医大」のニュースに絶望していたり、と自分の性と生き方を模索している大学生です。

アイセック東京大学委員会では、DIVER(ダイバー)というプロジェクトのリーダーを務めています。

DIVERでは「人材とダイバーシティ」をテーマに、「日本でLGBTが働きにくい」という問題を解決する海外インターンシップと、日本で女性の活躍を推進する海外インターンシップを企画運営しています。

このプロジェクトを立ち上げたきっかけは自分が当事者意識を持っているLGBTの課題に関して学生ながら何か行動したいという想いからですが、多くの方とお話したり勉強するにつれて日本にはLGBTだけでなく多くの生きにくさを感じている人がいる、そしてLGBTと言っても一括りにできるものではなく本当に多様な考え方を持った人がいるということが分かりました。

LGBTの課題や女性の課題にアプローチして多様性に寛容な社会を作ることで全ての人が生きやすい社会を作りたいと思い、日々メンバーと共に活動しています。


DIVERのミーティング中


今回は、海外インターンシップの運営だけでなく課題の現状を皆さんに発信することにも挑戦したいと思ったため、先日参加したSOGI都条例制定に向けた都庁集会について書きたいと思います。


SOGI都条例とは

まず「SOGI」という言葉に馴染みがない方もいると思うので説明します。

SOGIとは、略さずに言うと「Sexual Orientation and Gender Identity」。「性的指向と性自認」のことを指します。前者は恋愛対象の性別、後者は自分で思う自分の性別のことです。

私で例えると、性自認は女で、性的指向が男女両方ということになります。

「LGBT」が指すのは、レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーを含む性的マイノリティの方だけですが、「SOGI」は全員が持っている要素、そして今回のテーマのSOGI都条例はすべての人が性自認や性的指向で差別を受けないためのものになります。性の多様性に関しては全ての人が当事者であり、それをわかりやすく示している言葉がこの「SOGI」です。



SOGI都条例と今回の集会の背景

皆さんもよくご存知のオリンピックは、スポーツの祭典であると同時に文化的社会的な役割も持っています。オリンピック憲章ではいかなる性的指向への差別を禁止しています。そして東京都は「調達コード」が発表された後に「SOGI都条例」の制定に踏み切りました。調達コードとは、経済合理性のみならず、公平・公正性等に配慮して、オリンピック開催のために真に必要な物品やサービスを調達していくと共に、持続可能性を十分に考慮した調達を行うためのもので、具体的な持続可能性に配慮した調達コードを検討していくための原則を示すものです。この調達コードはオリンピック憲章を受けて性的指向・性自認への差別を禁止しています。オリンピックに関する物品やサービスを調達する際に、この調達コードを遵守する必要があるのです。


実際に東京都でSOGIによる差別を禁止するための条例を制定するにあたって、当事者の声を政治家に届けるために、この都庁集会が開かれました。

集会の中でのリレートークでは、LGBT当事者の母親の方、SOGIハラスメントによって退職された方、活動家の友人を失ったアライ(LGBTへの理解があり支援をする人)の方等、多くの方が「生の声」を届けていました。



差別を「法的に禁止する」ことの重要性

今回の集会では、「差別の禁止を明言すること」の大切さが何度も話題に上がりました。現状の草案では、「差別の解消を目指す」とありますが「差別の禁止」は名言されていません。

LGBT法連合会の神谷悠一さんはこの条例について「信号機」の例えを使って説明してくださいました。

交通量が多い交差点での事故を減らすためには「交通安全の啓蒙キャンペーンをする」「信号機をつける」「交通ルール違反者に罰則を設ける」という3段階があります。現段階の草案は「交通安全の啓蒙キャンペーン」と同じ段階でしかなく、本当に課題を解決するためには不十分、とのこと。SOGIハラスメントによって離職したり精神病になったり命を絶ってしまう人達は実際に存在します。

今回の集会を通して、都庁に私たち、LGBT当事者の生の声が伝わりました。この機会を受けて、この条例が「信号機」のような、より抑止力のあるはっきりしたルールになるかどうか注目してみてください!

また、「社会課題解決」を考える上で政治について考えることは必要不可欠であるということについても、多くの若者の皆さんに考えて欲しいと思っています。これは自戒も込めて、です。


いかがでしたでしたか?

次回は、実際にLGBTが抱える課題を解決するために社会で活躍している増原裕子さんと、私の対談形式でお届けします。


海外インターンシッププログラム”’DIVER


今回の記事で紹介した「DIVER」では、LGBTの問題に取り組む様々な団体・活動家の方とつながりを持ち、問題解決に向けセクターを超えた共創を目指しています。ただ一方で、若者世代への働きかけや巻き込みが進んでいない現状もあります。LGBTの問題に関心がある方、今回の記事を読んで少しでも興味を持った方は、お気軽にお問い合わせください!また、アイセック東京大学委員会では、「DIVER」の他にも様々なプログラムを企画運営しています。東京大学委員会の活動に興味のある方、海外インターンに参加してみたい!という方も、いつでもご連絡お待ちしています。

Twitter▷@AIESEC_Tokyo

アイセック東京大学委員会▷tokyo@aiesec.jp


DIVER運営メンバー


三登 裕子

三登 裕子

2018年度 NPO法人アイセック・ジャパン受け入れ事業担当 / 学習院大学国際社会科学部 アイセックでは日本をLGBT含むすべての人が働きやすい社会にするプログラムを開発中。(写真右から二人目)

カテゴリ

タグ